水城せとなによる新感覚ラブコメディが待望の舞台化!

2020年3月14日(土)から29日(日)、新国立劇場 中劇場にて上演される舞台『脳内ポイズンベリー』に、グァンスが出演することが決定しました!


「 ああ どうしよう 頭の中が 大騒ぎだ」 頭の中の思考が擬人化!脳内会議を繰り広げる!! 


本作の原作は、水城せとなによる漫画「脳内ポイズンベリー」。2010 年から「コーラス」で連載が開始され、途中、発表の場を「ココハナ」に移しつつ 2015 年まで連載され、集英社クイーンズコミックスからコミックス化されています。原作の水城は、「失恋ショコラティエ」でヒロインの小悪魔っぷりを小気味良く描いて話題を呼び、「窮鼠はチーズの夢を見る」「黒薔薇アリス」など、恋愛を描きながら心の機微を見事にとらえた巧みな心理描写とストーリー構成で、少女漫画の枠を越えて大人を虜にする作品を数々生み出している作家です。「脳内ポイズンベリー」は、一人の人間の頭の中で擬人化された5つの思考が “脳内会議”を繰り広げるというラブコメディで、そのユニークな着想は大きな共感を呼んで 読者の心を鷲掴みにし、2015 年には佐藤祐市が監督を務めて映画化され、好評を得ました。


市原隼人主演!初共演となる蓮佛美沙子、また 早霧せいな、グァンス、本髙克樹(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)、斉藤優里 ほか

様々なジャンルで活躍するスターたちが集結します!

演出は、映画化の際もメガホンをとった佐藤祐市が務めます。


グァンス演じるは、脳内会議メンバーの<記憶>担当、岸。 

一人の人間の脳内でありながら、まるで分裂した別人格のように擬人化して現れる5つの思考が喧々諤々する“脳内会議”と、その結果で行動も行く末も変わっていく、現実世界の物語。きっと“脳内会議”の誰かに共感し、いちこの行く末をハラハラしながら見守る来春の注目作に、どうぞご期待ください!! 


また、12月5日(木)18:00~12月15日(日)23:59まで『Milky』ファンクラブ会員 先行抽選受付を行います!

是非、この機会にお申込みください! 詳細は後日発表いたします!


■舞台『脳内ポイズンベリー』公式サイト

www.nounai-poison-berry.jp


ー グァンス コメント ー

人気漫画が原作の舞台ということで、お話を頂いた時は本当に光栄でしたし、実力派俳優の共演者の方々のお名前を聞き興奮しました。今までに出演させて頂いた作品とはまた違った感じの舞台で、それだけにさらにやる気も出ました。自分らしく自分しか出来ない役を、作品の中で全力を尽くして表現しようと思っています。原作とはまた違った世界感 たっぷりの良い作品になると思います。カンパニーの皆さん、キャストの皆さんと頑張って最高の作品を作り上げます。ぜひ楽しみにしてください。新国立劇場でお待ちしております!



■公演概要

公演名:舞台『脳内ポイズンベリー』

会場:新国立劇場 中劇場

日程:2020年3月14日(土)~29日(日) 

 

チケット料金:前売・当日 S 席 9,500 円/A 席 8,000 円(全席指定・税込)

※未就学児入場不可/開場は開演の30分前 

チケット発売日:2020年1月25日(土) AM10:00  


原作:水城せとな(集英社クイーンズコミックス)

脚本:新井友香・今奈良孝行

演出:佐藤祐市(共同テレビジョン)

出演:市原隼人 蓮佛美沙子 早霧せいな グァンス 本髙克樹(7 MEN 侍/ジャニーズ Jr.)斉藤優里 ほか 

主催・企画・製作:フジテレビジョン